2019年1月20日

2018年10月27日(土)癒しのチェンカーン




チェンカーンへ
朝の托鉢は癒し。

ドンムアンへ行くのに普通にBTSからのA1バスと思ったのに、なぜか面倒くさくなりバンチャークで途中下車してしまった。

タクシーを使うならもう少し時間がある。ということでバンチャーク駅高架下にある、「激旨!タイ食堂」でも紹介されていたクイティアオ屋さんに入る。



バミーヘーン。70バーツほどと相場よりちとお高いけれどワンタンやルークチンが結構入っている。

懐かしいなバンチャーク。かつてここに1年ほど住んだんだった。離れてからもソイ95の屋台街なんかには来たいなと思っていたのに、離れてしまうとなかなか・・・。


というわけで駅下でGrabを呼んだのだけれど、どうもこの辺からドンムアンに行こうとすると皆さんペッブリーの方に行くのね・・・私の印象ではバンコクの西側を通って行った方が高速代も安いし早い気がするのだけれど。



バイヨーク。

TGのオフィスビルはスワンナプームもドンムアンもあんなデザイン。

さて、ドンムアンに着いてついクセで朝マックを食べてしまう。さっきバミー食べたやん。
前回ルーイ行きで名前を呼ばれてしまったトラウマから、ゲートに向かう。

ルーイ行きは激しく最果てのゲートになる。途中飲食店コーナーがあってごはん難民を救っている。
NIPPON-RAMEN・・・限りなく非日本な雰囲気。

ゲートの奥の方に、Index LivingMall提供のエリアがあって、値札がついたテーブルやソファーが置いてある。

そこでしばし朝マックの続き。Nちゃんがもう来てた。

では、ルーイ行き乗りますよー。

あ、水平取れなかった。



着陸前にルーイの街を見下ろすのは楽しくて、敢えて右側の窓際を選んだ・・・のか、運よく窓際になったのか忘れてしまったのだけれど、乗り込んだらもう女性が窓際に座っていた。化粧っ気のない、垢抜けない感じの女性で、悲しそうな顔をするので譲ってしまった・・・。
そしたらその女性は実は真ん中の席だったようで、自分が(大嫌いな)真ん中になってしまった・・・。通路側には、ベルトの長さが足りなくて延長ベルト(初めて見た)が必要な巨漢の男性。幸い彼は3列空席のところに誘導されていったので、私が通路側に。

席を譲った時の素朴な笑顔に自分を納得させたけれど、LCCの座席選択は有料なのだから、そこはほんとははっきりしなきゃいけないんだな。でもそうなると今度はタイでは言葉の壁が・・・。改めてタイ語を離せない自分に自己嫌悪。3年も住んでアウェーなままだった。

そんなわけでルーイ空港に着きましたよー。


タラップで降機。写真も撮り放題。厳しくないのがホントに好き。

ルーイの精霊、ピーターコーンがお出迎え。

Yちゃんの待つバスターミナルへ行くトゥクトゥクを探すもまったくいない。タクシーカウンターに聞いたら、親切にもソンテウがいるよと教えてもらった。



いくらだったか忘れちゃった。15バーツとか30バーツとかそんな。



バスターミナルに到着。



夜行バスで早朝にここに着いていたYちゃんは、近くの市場を巡り公園で居眠りしたりしつつ、このカフェで待っていた。


 甘くしなくてって言っても、まあなるよね。
日本人が珍しいようだった。チェンカーンはタイ人には有名な観光地だけれど、外国人にはそんなでもない。空港から遠いし、交通手段も微妙だしで、ちょっとハードル高いと思う。

さっき乗ったソンテウのおじさんが、チェンカーンに行くなら600バーツでチャーターOKと言ってくれていたそう。タイ語ペラペラのNちゃんが電話番号も聞いていた。3人で相談し、1人200バーツなら安いよねってことで連絡する。
乗り合いソンテウは50バーツほどだけれど、とても混むのだ。タクシーだと空港から1台800バーツ。だから、とてもいいディールだと思う。結構大きなソンテウで、それを3人で貸し切り。足を伸ばして座っていく。

ハンモック。


途中スタンドで給油。ガソリン代に半額前払いをお願いされる。地方のスタンドよろしくカフェやセブンイレブンがある。私もピクニック気分で豆菓子やドライフルーツを買った。

スタンドの奥には見晴らしポイントがあった。


木立の向こうには湖が見えた。




さて、ここからのんびり北上1時間。






ルーイ市街地を出れば、のどかなイサーン。




こういう東屋のようなものが家の前にあるお宅が多い。




牛が見えた。牧場かな。


いくつか峠を越える。道はよく整備されている。





消印デザインのロゴがかわいい。



貸し切りなので足も伸ばせますよ。






峠を下るとちょっとした集落も通る。


ルーイ川かな。


イサーンごみ箱が。

























出発からそろそろ1時間。もう山道は終わった。












乗り合いソンテウなら川沿いエリアから少し離れたところで降ろされてしまうけれど、チャーターソンテウなのでお宿の前までもりもり入ってくれた。(途中道を間違えたけど地元の人が教えてくれた。)

かわいいお宿
お宿に着いたよー。ここはフロントの脇のレストランスペース。ここで朝食がいただけるらしい。

このフロント・レストランのある棟はオーナーさんの住居のようだった。


チェックイン。Nちゃんが予約してくれていた。現地払い物件だったのだけれど、AgodaだったかBooking.comだったかの提示金額より安かったらしい。


宿泊棟はこちら。

油断すると室内が見えてしまうな。

あら可愛らしい。



わりと新しいお宿らしい。ハウスキーパーさんが、ここのお嬢さんがオーナーで、バンコクで働いていてこちらに戻ってきて・・・というようなことを言っていたと思う。簡素だけれど趣向が反映されていて、観光資源である地元でブティックハウスをやっていこうという気概が見えた気がする。




チェンカーンじゃらんじゃらん
では、散策開始。まずは近くの別の宿にチェックインしているYちゃんを迎えに行こう。



ホテルがあるのはSoi4。


Yちゃんのお宿は「Baan Phunlapa」という名前で、こちらもボーラーンな感じでとても良い。




まずは、そばの路地からすぐにメコン川沿いに出てみる。


川沿いの通り。

ここは夜にはビールが飲めるバーのようだ。


家族かな?ピクニックしているみたい。

上流に向かって歩いていってみる。

私がチェンカーンを気に入っているのは、まだまだ地元の人たちの街であるところ。

あっちはラオス。



ここもいい感じのクラフトビール屋さんらしい。




川沿いをずっと行くと、チェンカーンのメイン通りにいつしかぶつかる。それでは今度はそのメイン通りに戻りましょう。
といってもこの辺はもうだいぶ外れの辺りで、民家が並ぶ。



そして少しず~つ、お店やお宿が見えてくる。

お店はもちろんのこと、民家のディスプレイもどこかボーラーンを意識している気がする。









どの建物もチェンカーンという環境に調和している。






クルンタイ銀行が粋。



東西に長いチェンカーンのメイン通りの真ん中にあるのがWat Si Khun Muang。


ちらほら屋台が出ている。ナイトマーケットに向けてなのか、一日中出ているのか。

大好きカオチー。買っちゃった、10バーツ。


ソイ9。


時刻は間もなく午後3時半。3人とも喉が渇いてたまらない。というわけでソイ9の「Slinks」というピザのお店に入った。


もちろん家族で経営している感じで、午後遅い時間で家族はのんびり。若旦那はファランさんで、子供をあやしたりしている。



オープンしたばかりなのか、男性陣は内装をいじっていた。

クレット島といい、地元が観光地になった皆さんのラッキーさよ。

これから日が暮れて、どこからこんなに!?という数のタイ人観光客で溢れ返るのだけれど、基本的にローカル感全開。



メインストリートの散策再開。






あ、あれは。

ちょくちょく見かけるこの樽。中には氷が入っていて、シャカシャカ回して飲み物を冷たくしている。

お、なんだろうあのトロリーは。

チェンカーンといえばポスト。なぜかはわからん。(多分映画のロケ地だったことと関係ある。)


あーこれ!高級タイレストランとかで前菜で出てきたりする。


何か由来があるんだろうけど、メッセージボードみたいになっている。正直あまり好ましくはないな、個人的には。


このソムタム屋さんは前回入った。


布屋さんかな?






エビと貝の串焼き屋さんは結構見かける。エビは各サイズあり。

あ、これ。卵の中身を取り出して出汁を混ぜまた中に戻して加熱するやつ。

チェンカーンはなんだかよそのタラートより落ち着いたデザインの衣類が多いと思う。

雪見だいふくみたいな餅菓子もタイあちこちで見かける。

この「興」の屋号を掲げたお店やお宿?をこの辺で何軒も見掛ける。






午後5時。だいぶ人が出て来たね。

あっちにも樽。こっちにも樽。ビールは半分凍っていて美味しい。


前回も見掛けて気になった果実。これで何かゼリービーンズのようなお菓子を作るらしい。後で食べることになる。





なんだろうこれは。大きなかき揚げみたい。


イサーンせんべい。

ここがメイン通りの東の外れ。お寺があって、門前市が立っていて、市場的賑わいは一旦ここでおしまい。

客待ちのトゥクトゥクが何台か佇んでいる。


ここで川沿いの道も一旦おしまいになり、メイン通りに合流してくる。


ラオス側。川一つ隔てて違う国籍に生まれるということが、島国の私にはいまいち実感としてわかり切れない。だから余計に浪漫を感じてしまう。

ボートが。

観光客のようだった。

下流にはイミグレがあって渡し船が行き交っているけれど、今日は見えなかったな。

タンブン場がある。


夕陽を見送りながら川沿いの道を戻ることにする。





漁師さんだと思う。





お供え物に心が持ってかれた。

どうしたことだろう。


ラオス側にたなびく煙。

夕陽が沈みそうだったので歩みを止めた。




夕陽を見送る、平和な人々の影。

ラオスも夕方。

思いっきりズームすると金色の仏像が見える。

ふと気がつくと、根城に帰る鳥の編隊。



残照も消えていく。



鳥の群れはその後いくつもやってきた。




ナイトマーケット
さて、メインストリートに戻ろう。

ピーターコーンをモチーフにしたキャラクターのお土産物屋さん。












カオチーと小さなエビの串を買った。







夕飯か、ビールか・・・結局ビールに。お宿の近くのクラフトビール屋さん「Jo+ Beer」。



あら、オシャレ。








川沿いの席はあちら。






そんなわけで駆けつけ一杯ずつ。

外の席で飲むよ。








足元に蚊よけの送風機。


川沿いのフェンスをバーカウンターに流用しているのがとてもオシャレだった。


さて、次は夕飯を求めてメインストリートを行く。


わんわんも涼しいね。








プラスチックボトルを再利用しているらしいクラフトランタン屋さん。インスタ映えポイントのひとつになっている。


プミポン国王の肖像も・・・。






毎度気になっているけれどまだ入れていないカフェ。




さっき見かけた謎の実のお菓子、買った。

細いけれど電飾明るいソイ17。

ひときわ賑わっているお店があった。ソムタムを食べている人がいるのでイサーン料理店だろうと思ったけれど、中でも目についたのが骨付き豚肉てんこ盛り煮のレントムサップ。

ほぼ満席、なんとか空いていた外の席に着いた。


ところがレントムサップはもう売り切れで・・・。骨付き肉は無かったけれど鍋の中の残りをもらった。

ラオスを感じるカオピヤック。大好き!

とうもろこしとカイケム(塩卵)のソムタム。
このお店の御主人、日本で働いたことがあるそうで日本語を駆使してくれた。ちなみにお酒は置いてなくて、はす向かいくらいの商店から買ってこなければならない。

もうお客さんもいなくなり、閉店らしい。家族で打ち上げが始まった。私たちも退出しようとしたら、「ゆっくりしていて!」と留められた。
おまけにYちゃんがソーダを追加で買いに行こうとすると、自転車で代わりに行ってくれたりもした・・・。

まかないと思しきチキンもつまみにいただいた。


優しいご家族、ごちそうさまでした!
明日また来たいと思い聞いてみると6時から開いていると言っていたのに、翌日は開いていなかった。夜更かしし過ぎかな?





宿に帰る前にもう一軒くらい寄っていこうということで、川沿いへ。



このお店に入った。


3人それぞれ、最近シンハーやチャーンが出したクラフトビール的なビールを飲んだ。

さっき夕暮れ前に、こんな最果ての街でNちゃんが友達にばったり会ってしまった。その友達さんも合流。

このお店の人も親日的で、このわんわんは「モチ」という名前だった。(あれ、「シロ」だったかな?)
よく遊んだ1日でした。おやすみなさい。

◆FD3542 DMK-LOE

0 件のコメント:

コメントを投稿