2016年5月17日

2004年5月27日(木)【マレーシア/ランカウイ】島内約一周/パンタイチェナンのサンセット


過去の旅日記です。


朝のビーチ

朝、ビーチを散策。




後であの山の方へ行ってみよう。




盛りがダメダメですが、ブッフェの朝食。





島内めぐりへ

ホテルのボーイさんに呼んでもらったのか、タクシーをチャーターした。当時ホテルの前にタクシーの詰め所みたいな場所があった。



ランカウイケーブルカー

ランカウイケーブルカーに乗った。本来ゴンドラはあまり好きではないのだけれど・・・。


切り立った地形を急角度で上昇。




中継地点で一旦降りる。


そして、終点へ。大パノラマ。


アンダマン海・・・。


地理的にあの島はもしかしたらもうタイかもしれない。

ランカウイは大理石の島らしい。

パノラマを楽しみ、下山。
今は何だか凄いスケールの空中回廊ができていますね。

途中山腹に見えた滝。
下山してケーブルカーの起点ホリディ・ヴィレッジに戻ると約束通り運転手さんが待ってくれていた。海外でタクシーをチャーターするなんて初めてで緊張した。そんな緊張をよそに、運転手さんが途中でランブータンを一袋買って持たせてくれたりした・・・。
・・・あれから数年後、レンタカーを運転してここを訪れることになろうとは。


黒い砂の海岸

島をぐるっと巡るように走ってもらい、次はPantai Pasir Hitam(ブラックサンドビーチ)

不思議とここだけ真黒な砂が集まっている。




あそこに見えるのはSUMITOMOのセメント工場だよと運転手さんが言っていた。

ブラックサンドビーチの土産物屋。ここも数年後に再訪する。


さて、ここからは島内一番の街クアタウンまでびゅーんとひとっ走り。

車窓の風景を撮りまくる。やっぱりモスクに惹かれるようだ。

(あれ、今気づいたけどここってもしかしてアイルハンガッヴィレッジかな。)




とにかく何もかもに惹かれていた。


ホテルへ戻る

さて、クアのEagle Squareでタクシーにはさよならした。

ランカウイのシンボル、白頭のワシ(Lang)。




ランカウイの最高峰。


Jetty Pointというモールでは、船を待つ人が大勢いた。

少し歩いて、ランカウイフェアというモールに入った。

やっとの思いでマックフルーリーをゲット・・・この頃はマックの注文すらもビビってた。

ランカウイフェアからタクシーに乗り、ホテルへ戻った。

島を小回りに一周した感じ。

Bunga Kertas(ハイビスカス)咲き乱れるホテル前。


再びオーキッドリア

午後遅く、またオーキッドリアへ出かけた。


賑わっている。

明るいうちから飲むビールは最高。

美味しかったサテ。

カンコンガーリックと、エビの黒コショウ炒め。

横の庭からは子供の声がした。



帰りはビーチを歩いた。
初めて見たマレーシア(というかアンダマン海)の海はグアムで見たようなブルーではなくて最初は面食らったけれど、東南アジアの鄙びたリゾートならではののんびりとした空気に急激に引き込まれていった。




今でも、この時見たサンセットは自分史上ベスト3に入っている。





部屋に戻ってもしばらく外を見ていた。




天井のファンやキブラを見上げて休む。

Pelangi Beach Resort

0 件のコメント:

コメントを投稿